Posts

掛け払いとは?メリット・デメリット、サービス内容、請求書、後払いとの違いまで徹底解説!

  掛け払いとは、 商品やサービスの代金を後からまとめて支払う取引方法です。 一般的には、 企業間取引で用いられることが多いですが、 近年では個人向けのサービスも増えてきています。 この記事では、 掛け払いの仕組みやメリット・デメリット、 サービス内容、 請求書、 後払いとの違いなどについて詳しく解説します。 1. 掛け払いサービス 掛け払いサービスとは、 企業間取引における掛け払いを代行するサービスです。 主に、 以下の2つの種類があります。 ファクタリング :売掛債権を買い取り、 現金化するサービスです。 与信管理 :取引先企業の与信状況を調査し、 支払いリスクを管理するサービスです。 2. 掛け払い 請求書 掛け払いの場合、 商品やサービスの納品後に請求書が発行されます。 請求書には、 以下の情報が記載されています。 取引先企業名 納品日 商品・サービス内容 金額 支払い期限 3. 掛け払い手間 掛け払いは、 請求書発行や入金確認などの事務作業が必要となるため、 手間がかかります。 4. 掛け払い 手数料 掛け払いサービスを利用する場合、 手数料がかかります。 手数料は、 サービス内容や取引金額によって異なります。 5. 掛け払い 意味 掛け払いとは、 「後払いで支払う」という意味です。 6. 掛け払い 後払い 違い 掛け払いも後払いも、 代金を後から支払うという点では共通していますが、 以下の点で違いがあります。 対象 :掛け払いは企業間取引が対象ですが、 後払いは個人向けサービスが多いです。 支払い期限 :掛け払いの支払い期限は、 一般的には30日~90日程度ですが、 後払いの支払い期限はサービスによって異なります。 手数料 :掛け払いサービスは手数料がかかりますが、 後払いサービスは手数料がかからない場合が多いです。 7. 掛け払い メリット 掛け払いには、 以下のようなメリットがあります。 売り手 :代金の回収リスクが低減される 買い手 :資金繰りを改善できる 8. 掛け払い ヤマト ヤマト運輸は、 法人向けの「クロネコBiz」サービスの中で、 掛け払いサービスを提供しています。 まとめ 掛け払いは、 企業間取引において広く利用されている支払い方法です。 メリットだけでなくデメリットも理解した上で、 適切に利用することが重要です。