蜂窩織炎の見分け方:初期症状、判断方法、見た目、痛み、40度発熱などを分かりやすく解説!

 


蜂窩織炎は、皮膚や皮下組織に細菌が感染して起こる病気です。早期発見・早期治療が重要ですが、初期症状は分かりにくい場合もあります。

本記事では、蜂窩織炎の見分け方について、初期症状判断方法見た目痛み40度発熱などを分かりやすく解説します。

蜂窩織炎の初期症状は

蜂窩織炎の初期症状は、以下の通りです。

  • 患部の皮膚が赤く腫れる
  • 患部に痛みがある
  • 患部が熱く感じる
  • 発熱する

これらの症状は、他の病気でも見られるため、蜂窩織炎と断定することはできません。しかし、これらの症状が2~3日以上続く場合は、蜂窩織炎の可能性があります。

蜂窩織炎 耳の後ろ

蜂窩織炎は、耳の後ろにも発生することがあります。耳の後ろに蜂窩織炎が発生した場合、以下の症状が現れることがあります。

  • 耳の後ろの皮膚が赤く腫れる
  • 耳の後ろに痛みがある
  • 耳の後ろが熱く感じる
  • リンパ節が腫れる

これらの症状がある場合は、耳鼻咽喉科を受診しましょう。

蜂窩織炎 判断

蜂窩織炎かどうか判断するには、医療機関を受診することが最善です。医師は、問診や診察、必要に応じて検査を行い、診断を行います。

蜂窩織炎を疑う症状がある場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

蜂窩織炎 わかりやすく

蜂窩織炎は、皮膚や皮下組織に細菌が感染して起こる病気です。主な原因菌は、黄色ブドウ球菌化膿レンサ球菌です。

これらの細菌は、傷口や虫刺されなどから皮膚に入り込み、感染を起こします。

蜂窩織炎の原因は何

蜂窩織炎の原因となる細菌は、主に以下の通りです。

  • 黄色ブドウ球菌: 皮膚の表面に常在している細菌です。傷口や虫刺されなどから皮膚に入り込み、感染を起こします。
  • 化膿レンサ球菌: 喉や鼻の粘膜に常在している細菌です。飛沫感染や接触感染によって、皮膚に感染します。

これらの細菌以外にも、大腸菌肺炎球菌などが原因となることもあります。

蜂窩織炎 どんな痛み

蜂窩織炎の痛みは、ズキズキする痛みチクチクする痛みなどがあります。また、患部を触ると痛みが増すこともあります。

痛みは、数日から数週間続くことがあります。

蜂窩織炎 見た目

蜂窩織炎の患部は、赤く腫れて熱くなります。また、患部が硬くなることもあります。

進行すると、膿が溜まって皮膚が破れることもあります。

蜂窩織炎 40度

蜂窩織炎は、38度以上の発熱を伴うことが多いです。40度を超える高熱が出た場合は、重症化している可能性があります。

高熱が続く場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

まとめ

蜂窩織炎は、早期発見・早期治療が重要です。上記のような症状がある場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

医療機関を受診する際は症状が出始めた時期患部の状態持病などについて医師に伝えましょう。

適切な治療を受ければ蜂窩織炎は完治します。しかし、放置すると重症化したり、合併症を引き起こしたりする可能性があります。

蜂窩織炎の疑いがある場合は自己判断せず必ず医療機関を受診してください。

Popular posts from this blog

電気バリブラシを使い続けるとどうなる?効果と使い方を徹底解説!

やけどの跡:治し方、消し方、跡を残さない方法など徹底解説

視能訓練士、やめとけ?50代・40代でも大丈夫?一年制の辛さ、知恵袋・2ちゃんねるの声、辞めたい時の対処法、どんな視能訓練士になりたい?仕事内容、辞めた人の体験談(辞めたい、