寄付前に知っておきたい!寄付してはいけない団体を見分ける5つのポイント

 


近年、様々な社会貢献活動への関心が高まる中、寄付を通して支援したいと考える人も増えています。しかし、中には悪質な団体に寄付を募り、不正な活動を行っているケースも存在します。

そこで今回は、寄付前に知っておきたい、寄付してはいけない団体を見分ける5つのポイントをご紹介します。

見出し1:寄付 信頼できる団体 日本

寄付をする前に、信頼できる団体かどうかを確認することが重要です。

  • 公益社団法人や公益財団法人などの法人を取得している団体は、一定の基準を満たしているため、比較的信頼できます。
  • 寄付金の使い道が明確に示されている団体を選びましょう。
  • 過去の活動実績を確認し、実績に基づいた活動を行っている団体かどうか判断しましょう。
  • 口コミや評判を調べてみましょう。インターネット上には、様々な団体に関する口コミや評判が掲載されています。

見出し2:寄付金控除対象 団体に なるには

寄付金控除を受けられるためには、国税庁から認定を受けた団体に寄付する必要があります。

国税庁のホームページでは、寄付金控除対象団体を検索することができます。

見出し3:共同募金会 指定寄付金

共同募金会は、災害被災者支援福祉活動など、様々な社会貢献活動を行っている団体です。

共同募金会に寄付すると、寄付金控除を受けることができます。

見出し4:寄付してはいけない団体 ユニセフ

ユニセフは、国連児童基金として知られる国際機関です。世界中の子どもたちの支援活動を行っています。

ユニセフは、信頼できる団体として広く認知されています。

見出し5:寄付してはいけない団体 地震

地震などの災害発生時、悪質な団体が寄付を募るケースがあります。

寄付をする前に、団体の信頼性を必ず確認しましょう。

見出し6:寄付してはいけない団体 日本財団

日本財団は、公益財団法人として様々な社会貢献活動を行っている団体です。

日本財団は、信頼できる団体として広く認知されています。

まとめ

寄付は、社会貢献活動への参加だけでなく、税制上の優遇措置を受けることもできます。

しかし、悪質な団体に寄付をしてしまうと、支援したつもりが詐欺被害に遭ってしまう可能性もあります。

寄付をする前に、信頼できる団体かどうかをしっかりと見極めましょう。

Popular posts from this blog

電気バリブラシを使い続けるとどうなる?効果と使い方を徹底解説!

やけどの跡:治し方、消し方、跡を残さない方法など徹底解説

視能訓練士、やめとけ?50代・40代でも大丈夫?一年制の辛さ、知恵袋・2ちゃんねるの声、辞めたい時の対処法、どんな視能訓練士になりたい?仕事内容、辞めた人の体験談(辞めたい、