愛犬が骨折したかも?見分け方と対処法を徹底解説!

 


愛犬が突然痛そうにしている、歩けない様子を見せた…そんな時、骨折を疑うかもしれません。犬の骨折は、早期発見・早期治療が重要です。しかし、症状が分かりにくい場合もあり、飼い主としては不安になりますよね。

この記事では、犬の骨折の見分け方と、もし骨折した場合の対処法について詳しく解説します。

犬 骨折 捻挫 見分け方

骨折と捻挫は、どちらも足を痛めるケガですが、症状や治療法が異なります。

骨折の主な症状:

  • 痛がる
  • 足を動かさない、または跛行(びっこ)をする
  • 足に腫れや変形がみられる
  • 骨が突き出ている場合がある

捻挫の主な症状:

  • 痛がる
  • 足を動かさない、または跛行(びっこ)をする
  • 足に腫れがみられる

犬骨折症状

骨折の症状は、骨折部位や程度によって異なりますが、主な症状は以下の通りです。

  • 痛がる
  • 足を動かさない、または跛行(びっこ)をする
  • 足に腫れや変形がみられる
  • 骨が突き出ている場合がある
  • 食欲不振
  • 元気がない

犬骨折したらどうなるか

犬が骨折した場合、適切な治療を受けないと、以下のような後遺症が残る可能性があります。

  • 歩行障害
  • 跛行(びっこ)
  • 変形
  • 痛み

子犬 骨折 見分け方

子犬は骨が柔らかいので、成犬よりも骨折しやすいと言われています。子犬の骨折は、成犬よりも症状が分かりにくい場合が多いので注意が必要です。

子犬の骨折の主な症状は以下の通りです。

  • 痛がる
  • 元気がない
  • 食欲不振
  • 足を動かさない、または跛行(びっこ)をする
  • 足に腫れがみられる

犬 骨折 見分け方 しっぽ

犬のしっぽも骨折することがあります。しっぽの骨折の主な症状は以下の通りです。

  • しっぽを動かさない
  • しっぽの付け根に腫れがみられる
  • しっぽの先端が垂れ下がっている

もし、愛犬に上記のような症状がみられたら、すぐに動物病院を受診しましょう。

動物病院では、レントゲン検査などで骨折の有無を確認し、適切な治療を行います。

犬の骨折は早期発見・早期治療が重要です。愛犬の様子をよく観察し、少しでも異変を感じたらすぐに動物病院を受診するようにしましょう。

Popular posts from this blog

電気バリブラシを使い続けるとどうなる?効果と使い方を徹底解説!

やけどの跡:治し方、消し方、跡を残さない方法など徹底解説

視能訓練士、やめとけ?50代・40代でも大丈夫?一年制の辛さ、知恵袋・2ちゃんねるの声、辞めたい時の対処法、どんな視能訓練士になりたい?仕事内容、辞めた人の体験談(辞めたい、