歯石:取ってはいけない?取り方、頻度、自分で取れる?徹底解説!

 


歯石は、歯の表面に付着する白い固形の汚れです。むし歯歯周病の原因となるため、定期的に歯医者歯石取りを行うことが大切です。

しかし、歯石取り痛いというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、歯石について、取ってはいけないという誤解歯石取り後の注意点頻度自分で取れる方法取れない歯石歯石ができる原因歯石を取らないとどうなるかなどを詳しく解説します。

歯石 取ったあと

歯石取り後は、歯茎腫れたり出血したりすることがあります。

これは、歯石取りによって歯茎刺激が加わったためです。数日治まりますが、痛み出血ひどい場合は、歯医者に相談しましょう。

歯石取り後は、歯磨き丁寧に行い、歯間ブラシフロスを使って歯垢しっかりと除去することが大切です。

歯石取り後は、タバコアルコール控えることもおすすめです。

歯石 取ったことない

歯石は、誰も持っているものです。歯磨き丁寧に行っても、完全に取り除くことはできません。

歯石気になる場合は、歯医者歯石取りを行いましょう。

歯石取り どれくらいの頻度

歯石取り頻度は、個人差があります。

一般的には3ヶ月~6ヶ月に1回程度歯石取りを行うのが理想です。

歯磨き丁寧に行っている場合は、6ヶ月に1回程度でも問題ありません

以下のような方は、3ヶ月に1回程度歯石取りを行うことをおすすめします。

  • 喫煙者
  • 糖尿病患者
  • 歯周病患者
  • 矯正装置を装着している方

歯石取り 何回で終わる

歯石取りは、1回で全て歯石を取り除くことはできません。

歯石固さによって、何回か歯石取りが必要になる場合があります。

歯石取り後は、定期的に歯医者検診を受け、歯石状態確認**することが大切です。

歯の歯石取り 自分で

歯石は、自分で完全に取り除くことはできません。

歯医者専用の機器を使って歯石取りを行う必要があります。

市販歯石取りグッズは、歯石ある程度除去することができますが、完全には**除去できません。

歯石取りグッズを使う場合は、使用方法よく読んでから使用しましょう。

取れない歯石

歯石長期間放置されると、歯周ポケットに入り込み、取れにくい歯石になります。

取れにくい歯石は、歯医者専用の機器を使って除去する必要があります。

取れにくい歯石は、歯周病の原因となるため、早めに除去することが大切です。

なぜ歯石ができるのか

歯石は、歯垢石灰化してできるものです。

歯垢は、細菌作り出す粘膜状の膜**です。

歯磨きると、歯垢硬化して歯石になります。

歯石 なぜ取れない

歯石は、歯の表面強く付着しているため、自分で完全に取り除くことはできません。

歯医者専用の機器を使って歯石取りを行う必要があります。

歯石 誰にでもある

歯石は、誰も持っているものです。

歯磨き丁寧に行っても、完全に取り除くことはできません。


歯石:取ってはいけない?取り方、頻度、自分で取れる?徹底解説!

歯石は、歯の表面に付着する白い固形の汚れです。むし歯歯周病の原因となるため、定期的に歯医者歯石取りを行うことが大切です。

しかし、歯石取り痛いというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、歯石について、取ってはいけないという誤解歯石取り後の注意点頻度自分で取れる方法取れない歯石歯石ができる原因歯石を取らないとどうなるかなどを詳しく解説します。

なぜ歯石をとるのか

歯石は、以下のような理由で定期的に取り除く必要があります。

  • むし歯や歯周病の原因となる
  • 歯茎の炎症を引き起こす
  • 口臭の原因となる
  • 歯の見た目を悪くする

歯石は、歯磨きでは完全に除去できません定期的に歯医者歯石取りを行うことで、歯茎健康守る**ことができます。

歯石取りは、むし歯歯周病予防にも効果的です。

まとめ

歯石は、誰も持っているものです。歯磨き丁寧に行っても、完全に取り除くことはできません。

歯石気になる場合は、歯医者歯石取りを行いましょう。

歯石取りは、痛いというイメージを持っている方も多いかもしれませんが、近年技術進歩しており、痛み軽減するための工夫がされています。

歯茎健康守るためにも、定期的に歯医者検診を受け、必要に応じて歯石取りを行いましょう。

Popular posts from this blog

電気バリブラシを使い続けるとどうなる?効果と使い方を徹底解説!

やけどの跡:治し方、消し方、跡を残さない方法など徹底解説

視能訓練士、やめとけ?50代・40代でも大丈夫?一年制の辛さ、知恵袋・2ちゃんねるの声、辞めたい時の対処法、どんな視能訓練士になりたい?仕事内容、辞めた人の体験談(辞めたい、