歯列矯正で頬がこける?原因と対策を徹底解説!

 


歯列矯正は、歯並びや噛み合わせを改善するために行う治療法ですが、矯正中に頬がこけてしまうという声を聞くことがあります。

この記事では、歯列矯正と頬の関係について、

  • 頬がこける原因
  • 頬がこけないようにするための対策
  • 頬がこけた場合の対処法

などを詳しく解説していきます。

歯列矯正 頬がこける

歯列矯正によって頬がこける理由は、いくつか考えられます

  • 顎の骨の位置が変わる
  • 咬筋の活動が減る
  • 唾液の分泌量が減る
  • 体重が減る

顎の骨の位置が変わる

歯列矯正によって、顎の骨の位置が変化することがあります。

顎の骨の位置が前方に移動すると、頬骨が前に押し出され、頬がこけて見えるようになります。

咬筋の活動が減る

歯列矯正によって、咬筋の活動が減ることがあります。

咬筋は、咀嚼に関わる筋肉です。咬筋の活動が減ると、頬のたるみやこけにつながることがあります。

唾液の分泌量が減る

歯列矯正によって、唾液の分泌量が減ることがあります。

唾液には、頬の潤いを保つ効果があります。唾液の分泌量が減ると、頬が乾燥し、こけて見えるようになります。

体重が減る

歯列矯正によって、体重が減ることがあります。

体重が減ると、顔全体の脂肪も減少し、頬がこけて見えるようになります。

歯列矯正 頬こけ 治る

歯列矯正によって頬がこけた場合、矯正が終われば自然に戻ることが多いです。

しかし、以下の場合には、頬がこけたままになってしまう可能性があります。

  • 顎の骨の位置が大きく変わった場合
  • 咬筋の活動が大幅に減ってしまった場合
  • 体重が大きく減ってしまった場合

歯列矯正 頬こけ 改善

歯列矯正によって頬がこけた場合は、以下の方法で改善することができます。

  • ヒアルロン酸注射
  • 脂肪注入
  • フェイスリフト

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射は、頬のボリュームを補うことで、頬のこけを改善する方法です。

ヒアルロン酸は、体内に存在する成分なので、安全性が高く、自然な仕上がりになります。

脂肪注入

脂肪注入は、自分の体から脂肪を採取し、頬に注入することで、頬のボリュームを補う方法です。

脂肪注入は、ヒアルロン酸注射よりも効果が長続きしますが、ダウンタイムが長くなります。

フェイスリフト

フェイスリフトは、皮膚をたるませ、引き締めることで、頬のこけを改善する方法です。

フェイスリフトは、効果が高いですが、手術が必要になります。

歯列矯正 頬こけ 治す

歯列矯正によって頬がこけた場合は、歯科医に相談しましょう。

歯科医は、頬のこけの原因を診断し、適切な治療法を提案することができます。

歯列矯正 頬こけ 原因

歯列矯正によって頬がこける原因は、様々です。

上記で紹介した以外にも、体質生活習慣なども影響することがあります。

歯列矯正 頬コケ 対策

歯列矯正によって頬がこけるのを防ぐためには、以下の対策が有効です。

  • 矯正前に頬の写真を撮っておく
  • 矯正中に体重を大きく減らさない
  • 矯正中に十分な唾液を分泌する
  • 矯正後に頬のマッサージをする

まとめ

歯列矯正によって頬がこけることは、決して珍しいことではありません

しかし、適切な対策をとることで、頬のこけを防ぐことができます。

歯列矯正を検討している方は、頬のこけについても事前に知っておくことをおすすめします。

この記事が、歯列矯正と頬の関係について理解を深める一助になれば幸いです。

Popular posts from this blog

電気バリブラシを使い続けるとどうなる?効果と使い方を徹底解説!

やけどの跡:治し方、消し方、跡を残さない方法など徹底解説

視能訓練士、やめとけ?50代・40代でも大丈夫?一年制の辛さ、知恵袋・2ちゃんねるの声、辞めたい時の対処法、どんな視能訓練士になりたい?仕事内容、辞めた人の体験談(辞めたい、