【登録販売者 ぶっちゃけ】裏事情から合格率・年収・将来性まで徹底解説!

 


ドラッグストアや薬局で活躍できる「登録販売者」

近年、需要が高まっている登録販売者ですが、実際の仕事内容や将来性はどうなのでしょうか? 今回は、登録販売者の裏事情から合格率、年収、将来性まで、ぶっちゃけトークでお届けします。

1. 登録販売者って、50代でも大丈夫?

年齢制限はありませんので、50代の方ももちろん目指せます。むしろ、豊富な人生経験やコミュニケーション能力は、薬局で求められる貴重なスキルとなります。

2. ブランクがあっても大丈夫?

ブランクがあっても合格は可能です。独学で勉強したり、通信講座やスクールに通ったり、自分に合った方法で学習を進めましょう。

3. 40代未経験でも大丈夫?

もちろん大丈夫です。むしろ、40代というキャリアの積み重ねは、薬局での仕事で活かせる貴重な経験となります。

4. 販売登録者の難易度って?

難易度としては、決して簡単ではありません。合格率は約60%と、国家試験の中では比較的合格しやすい方ですが、しっかりと準備する必要があります。

5. 登録販売者になるには?

まず、都道府県が実施する登録販売者試験に合格する必要があります。試験は年に1回行われ、マークシート方式です。

6. 40代からでも登録販売者になれる?

40代からでももちろん目指せます。むしろ、これまでの経験やスキルが、薬局での仕事で活かせる貴重な財産となります。

7. 30代で登録販売者になるメリットは?

30代というキャリアの基盤を築きつつ、新しいスキルを身につけることができるというメリットがあります。また、将来的に薬剤師を目指すためのステップアップにもなります。

8. 登録販売者の7割が…!?

厚生労働省の調査によると、登録販売者の7割がドラッグストアで勤務しているそうです。それだけ、ドラッグストアでの需要が高いということですね。

9. 登録販売者になって3年で…

3年以上の勤務経験があれば、調剤薬局でも勤務できるようになります。将来的に、より幅広い業務に携わりたい方におすすめです。

10. 独学で販売登録者になれる?

独学でも合格は可能ですが、効率的に学習を進めるためには、通信講座やスクールを利用する方がおすすめです。

まとめ

登録販売者は、年齢や経験に関係なく、誰でも目指せる資格です。薬に関わる仕事に興味がある方、将来的に安定した収入を得たい方におすすめです。ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ただし、登録販売者になるには、しっかりと勉強し、試験に合格する必要があります。

自分に合った学習方法を見つけて、合格を目指しましょう!

Popular posts from this blog

電気バリブラシを使い続けるとどうなる?効果と使い方を徹底解説!

やけどの跡:治し方、消し方、跡を残さない方法など徹底解説

視能訓練士、やめとけ?50代・40代でも大丈夫?一年制の辛さ、知恵袋・2ちゃんねるの声、辞めたい時の対処法、どんな視能訓練士になりたい?仕事内容、辞めた人の体験談(辞めたい、