吹き付け外壁:種類、メリット・デメリット、ハウスメーカー比較、固定資産税との関係などを徹底解説!

 


吹き付け外壁は、モルタルセメントを専用の機械で吹き付ける外壁仕上げ工法です。近年、サイディングに代わる外壁仕上げとして人気が高まっています。

吹き付け ロックウール

ロックウールは、石繊維で作られた断熱材です。吹き付け外壁にロックウールを使用することで、高い断熱性防火性を実現することができます。

吹き付け外壁 ハウスメーカー

多くのハウスメーカーで、吹き付け外壁を採用しています。以下は、代表的なハウスメーカーと、それぞれの吹き付け外壁の特徴です。

  • 積水ハウス:独自の**「シラスカル」**という吹き付け材を使用しており、高い耐候性と防火性を誇ります。
  • 住友林業:**「ジーウォール」**という吹き付け材を使用しており、美しい外観と高い機能性を兼ね備えています。
  • ダイワハウス:**「ヘーベルソーラー」**という吹き付け材を使用しており、高い断熱性と省エネ性能を実現しています。

吹き付け外壁 デメリット メリット

吹き付け外壁には、メリットデメリットがあります。

メリット

  • 高い断熱性: 吹き付け外壁は、外壁と内壁の間に隙間がないため、高い断熱性を発揮することができます。
  • 高い防火性: 吹き付け外壁は、モルタルやセメントでできているため、高い防火性を発揮することができます。
  • 美しい外観: 吹き付け外壁は、様々な模様や色を表現することができるため、美しい外観を実現することができます。
  • ひび割れに強い: 吹き付け外壁は、サイディングのようにひび割れが発生しにくいという特徴があります。

デメリット

  • 施工費が高い: 吹き付け外壁は、サイディングよりも施工費が高いというデメリットがあります。
  • 藻やカビが生えやすい: 吹き付け外壁は、藻やカビが生えやすいというデメリットがあります。
  • メンテナンスが必要: 吹き付け外壁は、定期的にメンテナンスを行う必要があります。

吹き付け外壁 固定資産税

吹き付け外壁は、固定資産税の評価額に影響する可能性があります。吹き付け外壁は、サイディングよりも高価な外壁仕上げであるため、固定資産税の評価額が高くなる可能性があります。

吹き付け外壁 汚れ

吹き付け外壁は、藻やカビが生えやすいというデメリットがあります。藻やカビは、外観を損なうだけでなく、建物の劣化にもつながります。吹き付け外壁を長く美しく保つためには、定期的に洗浄コーティングを行う必要があります。

吹き付け 外壁 種類

吹き付け外壁には、様々な種類があります。以下は、代表的な吹き付け外壁の種類です。

  • モルタル吹き付け: モルタルを専用の機械で吹き付ける工法です。最も一般的な吹き付け外壁です。
  • スタッコ: セメントと骨材を混ぜて吹き付ける工法です。凹凸のある模様が特徴です。
  • リシン: 石英砂を混ぜて吹き付ける工法です。高級感のある外観が特徴です。
  • タイル調: タイルのような模様を吹き付ける工法です。

まとめ

吹き付け外壁は、高い断熱性や防火性、美しい外観など、様々なメリットがあります。しかし、施工費が高い、藻やカビが生えやすいなどのデメリットもあります。吹き付け外壁を検討する際は、メリットとデメリットをよく理解した上で、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

吹き付け外壁は、様々なハウスメーカーで取り扱っています。複数のハウスメーカーを比較して、自分に合ったハウスメーカーを選ぶことをおすすめします。

Popular posts from this blog

電気バリブラシを使い続けるとどうなる?効果と使い方を徹底解説!

やけどの跡:治し方、消し方、跡を残さない方法など徹底解説

視能訓練士、やめとけ?50代・40代でも大丈夫?一年制の辛さ、知恵袋・2ちゃんねるの声、辞めたい時の対処法、どんな視能訓練士になりたい?仕事内容、辞めた人の体験談(辞めたい、