給湯器の取り付け:高さ、方法、費用、業者選び、交換時期まで完全解説!

 


お湯が出ない!そんな時は給湯器のトラブルかもしれません。

給湯器は、私たちの生活に欠かせない重要な設備です。しかし、長年使用していると故障してしまうことも… そこで今回は、給湯器の取り付けについて、高さ、取り付け方法、費用、業者選び、交換時期まで詳しく解説します。

1. 給湯器の取り付け高さ

給湯器の取り付け高さは、設置場所や配管状況によって異なります一般的には、以下の高さを目安にしてください。

  • 床から90~120cm:一般的な設置高さ
  • 床から150cm:天井に近い場所に取り付ける場合
  • 床から70cm:浴槽の隣に取り付ける場合

ただし、上記はあくまでも目安であり、設置場所や配管状況によっては、異なる場合があります必ず専門業者に確認するようにしましょう。

2. 給湯器の取り付け方法

給湯器の取り付けには、主に以下の2つの方法があります。

  • 壁掛け: 壁に専用の金具を取り付け、そこに給湯器を吊り下げる方法です。最も一般的な方法で、省スペースで設置できます。
  • 置き置き: 床に設置台を設置し、そこに給湯器を置く方法です。壁掛けが難しい場合や、広いスペースがある場合に適しています。

3. 給湯器の取り付け費用はいくらですか?

給湯器の取り付け費用は、給湯器の種類、設置場所、業者のによって異なります一般的には、以下の費用がかかります。

  • 給湯器本体: 5万円~15万円
  • 取り付け工事費: 2万円~5万円
  • 諸費用: 処分費、出張費など

4. 給湯器の取り付け 東京ガス

東京ガスでは、自社で給湯器の取り付け工事を行っています東京ガスの給湯器を取り付けたい場合は、東京ガスに直接依頼することができます。

5. 給湯器取り付け 時間

給湯器の取り付け時間は、2時間~3時間程度です。ただし、設置場所や配管状況によっては、時間がかかる場合があります。

6. 電気給湯器 交換 どこに頼む

電気給湯器の交換は、電気工事業者に依頼する必要があります。電気工事業者は、電気工事に関する専門知識と技術を持っているため、安全に確実に交換することができます。

7. 給湯器取り付け位置

給湯器の取り付け位置は、以下の点に注意して選ぶ必要があります

  • 風通しの良い場所: 給湯器は熱を発するため、風通しの良い場所に設置する必要があります。
  • 雨や雪が当たらない場所: 雨や雪が当たると、給湯器が故障する可能性があります。
  • 直射日光が当たらない場所: 直射日光が当たると、給湯器が劣化しやすくなります。
  • コンセントがある場所: 電気給湯器の場合は、コンセントが近くに必要です。

8. ドレン 給湯器

給湯器には、ドレンと呼ばれる排水口があります。ドレンは、給湯器内部に溜まった水を排出するために必要です。ドレンは、定期的に掃除する必要があります。

9. 給湯器の交換時期

給湯器の交換時期は、一般的には10年~15年と言われています。ただし、使用状況によっては、もっと早く交換が必要になる場合もあります。

給湯器のトラブルでお困りの方は、

  • 東京ガスの場合: 東京ガスお客様センター 
  • その他の業者: 各業者の問い合わせ先

にご相談ください。

**※給湯器の取り付けは、電気工事やガス工事を伴うため、必ず専門業者に依頼するようにしましょう。

※この記事はあくまでも参考情報であり、専門的なアドバイスではありません。給湯器の取り付けに関するご質問は、専門業者にご相談ください。

Popular posts from this blog

やけどの跡:治し方、消し方、跡を残さない方法など徹底解説

電気バリブラシを使い続けるとどうなる?効果と使い方を徹底解説!買ってはいけない

視能訓練士、やめとけ?50代・40代でも大丈夫?一年制の辛さ、知恵袋・2ちゃんねるの声、辞めたい時の対処法、どんな視能訓練士になりたい?仕事内容、辞めた人の体験談(辞めたい、