ピル:避妊目的だけじゃない!知っておきたいピルの効果とメリット

 


低用量ピルは、避妊効果だけでなく、月経痛やPMSの改善卵巣嚢腫や子宮内膜症のリスク軽減など、様々な効果があることで注目されています。

しかし、ピルと聞くと、避妊目的だけをイメージする方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ピルの避妊目的以外効果メリットについて詳しくご紹介します。

ピル 避妊目的 保険

ピルの服用費用は、健康保険3割が負担されます。

ただし、避妊目的での服用のみが保険適応となります。

月経痛やPMSの改善卵巣嚢腫や子宮内膜症のリスク軽減などの目的で服用する場合は、全額自己負担となります。

ピル 避妊目的 割合

ピルの服用目的は、避妊約8割月経痛やPMSの改善約2割卵巣嚢腫や子宮内膜症のリスク軽減などが約1割と言われています。

近年では、避妊目的以外効果も注目されており、ピルの服用目的は多様化しています。

ピル 避妊効果 5日目

ピルは、服用開始後5日目から避妊効果が得られます。

ただし、5日目までは確実な避妊効果が得られないため、コンドームなどの補助的な避妊手段を併用する必要があります。

ピル 6日目 避妊 知恵袋

ピルは、6日目以降は避妊効果安定します。

5日目までコンドームなどの補助的な避妊手段を併用していた場合は、6日目以降は必要ありません

ピル服用7日目 避妊効果

ピルは、7日目以降も飲み続けることで避妊効果持続します。

飲み忘れがなければ、生理まで避妊効果持続します。

ピル 避妊目的 種類

ピルには、エストロゲンプロゲステロン配合量によって、様々な種類があります。

医師と相談しながら、自分に合ったピルを選ぶことが大切です。

ピル 避妊目的 言いづらい

ピルは、避妊目的だけでなく、月経痛やPMSの改善卵巣嚢腫や子宮内膜症のリスク軽減などの効果もあります。

しかし、避妊というイメージが強く、服用を言いづらいと感じる方もいるかもしれません。

ピルは、女性の健康を守るための重要な選択肢の一つです。

恥ずかしがる必要はありませんので、医師に相談して、自分に合ったピルを見つけてください。

ピル 避妊目的 処方

ピルは、医師の診察を受けて処方を受ける必要があります。

婦人科産婦人科で、医師に相談しましょう。

ピルの服用には、副作用の可能性もあります。

医師と相談しながら、自分に合ったピルを選ぶことが大切です。

まとめ

ピルは、避妊だけでなく、月経痛やPMSの改善卵巣嚢腫や子宮内膜症のリスク軽減など、様々な効果がある女性にとって重要なです。

避妊というイメージが強いですが、恥ずかしがる必要はありません

医師に相談して、自分に合ったピルを見つけてください。

Popular posts from this blog

電気バリブラシを使い続けるとどうなる?効果と使い方を徹底解説!

やけどの跡:治し方、消し方、跡を残さない方法など徹底解説

視能訓練士、やめとけ?50代・40代でも大丈夫?一年制の辛さ、知恵袋・2ちゃんねるの声、辞めたい時の対処法、どんな視能訓練士になりたい?仕事内容、辞めた人の体験談(辞めたい、