ピルを飲み続けるって、どんなメリット・デメリットがある? 疑問を徹底解説!

 


ピルは、低用量エストロゲンとプロゲステロンを含むホルモン剤で、避妊効果だけでなく、月経痛やPMSの改善、ニキビや肌荒れの改善など、様々な効果が期待できます。近年、その手軽さからピルを服用する女性が増えています。

しかし、ピルを飲み続けることには、メリットだけでなくデメリットも存在します。この記事では、ピルを飲み続けることのメリット・デメリットについて詳しく解説し、ピルを服用する際の注意点についてもご紹介します。

1. ピルを飲み続けるメリット

ピルを飲み続けることで、以下のようなメリットが期待できます。

  • 高い避妊効果:ピルを正しく服用すれば、避妊率は99%以上と非常に高いです。
  • 月経痛やPMSの改善:ピルを服用することで、月経痛やPMSの症状が改善されることが多くあります。
  • ニキビや肌荒れの改善:ピルには、皮脂分泌を抑制する効果があり、ニキビや肌荒れの改善に効果がある場合があります。
  • 月経周期の安定:ピルを服用することで、月経周期が安定し、予定通りに生理が来るようになります。
  • 卵巣がんや子宮体がんのリスク低下:長期的な服用により、卵巣がんや子宮体がんのリスクが低下する可能性があります。

2. ピルを飲み続けるデメリット

ピルを飲み続けることで、以下のようなデメリットが考えられます。

  • 不正出血:ピルの服用初期には、不正出血が起こることがあります。
  • 吐き気や頭痛:ピルの服用初期には、吐き気や頭痛などの副作用が起こることがあります。
  • 血栓症のリスク:ピルを服用することで、血栓症のリスクがわずかに上昇します。
  • 体重増加:ピルを服用することで、体重が増加する可能性があります。
  • 性欲の変化:ピルを服用することで、性欲が変化する可能性があります。

3. ピルを飲み忘れ

ピルを飲み忘れてしまった場合は、以下の通りに対処してください。

  • 1日目の飲み忘れ:次の日に2錠飲む。
  • 2日目の飲み忘れ:次の日に2錠飲む。その後は、通常の服用方法に戻る。
  • 3日目以降の飲み忘れ:7日間の服薬を中止し、次の生理が始まったら新しいシートから服用を始める。

4. ピルを飲み続ける期間

ピルは、基本的に閉経まで服用することができます。ただし、以下のような場合は、医師に相談して服用を中止する必要があります。

  • 妊娠が疑われる場合
  • 血栓症の既往歴がある場合
  • 乳がんの既往歴がある場合
  • 糖尿病がある場合
  • 高血圧がある場合

5. ピルを飲み続ける際の注意点

ピルを飲み続ける際には、以下の点に注意する必要があります。

  • 毎日同じ時間に服用する。
  • 水で服用する。
  • グレープフルーツジュースと一緒に服用しない。
  • 喫煙しない。
  • 定期的に検診を受ける。

6. ピルを服用する前に

ピルを服用する前に、必ず医師に相談し、自分に合ったピルを選ぶことが大切です。

7. まとめ

ピルは、避妊効果だけでなく、月経痛やPMSの改善、ニキビや肌荒れの改善など、様々な効果が期待できる便利な避妊法です。しかし、ピルを飲み続けることには、メリットだけでなくデメリットも存在します。ピルを服用する前に、メリットとデメリットをよく理解し、医師に相談しながら服用することが大切です。

このブログ記事が、ピルを服用する際の参考になれば幸いです。

Popular posts from this blog

やけどの跡:治し方、消し方、跡を残さない方法など徹底解説

電気バリブラシを使い続けるとどうなる?効果と使い方を徹底解説!買ってはいけない

視能訓練士、やめとけ?50代・40代でも大丈夫?一年制の辛さ、知恵袋・2ちゃんねるの声、辞めたい時の対処法、どんな視能訓練士になりたい?仕事内容、辞めた人の体験談(辞めたい、