既存住宅における断熱リフォーム支援事業を徹底解説! 補助金・併用制度も網羅

 


省エネ・快適な住まいへの関心が高まる中、既存住宅における断熱リフォーム支援事業が注目されています。

この制度は、環境省東京都がそれぞれ提供するもので、断熱改修を行うことで補助金を受けられるというものです。

本記事では、既存住宅における断熱リフォーム支援事業について、概要補助金併用制度申請方法などを網羅して詳しく解説します。

断熱リフォームをお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

1. 既存住宅における断熱リフォーム支援事業とは?

既存住宅における断熱リフォーム支援事業は、省エネ効果の高い断熱材などを用いた断熱改修を行うことで、補助金を受けられる制度です。

環境省東京都がそれぞれ独自に事業を実施しており、補助金の対象申請方法などが異なります。

2. 環境省 既存住宅における断熱リフォーム支援事業

環境省既存住宅における断熱リフォーム支援事業は、全国が対象です。

戸建て住宅集合住宅補助金の対象金額が異なります。

  • 戸建て住宅:最大120万円
  • 集合住宅:最大240万円

申請要件は以下の通りです。

  • 省エネ効果15%以上の断熱改修を行う
  • 高性能断熱材高性能窓を使用する
  • 施工業者登録業者である

3. 東京都 既存住宅における断熱リフォーム支援事業

東京都既存住宅における断熱リフォーム支援事業は、東京都内に所在する住宅が対象です。

補助金の対象金額は、戸建て住宅集合住宅で異なります。

  • 戸建て住宅:最大20万円
  • 集合住宅:最大40万円

申請要件は以下の通りです。

  • 省エネ効果10%以上の断熱改修を行う
  • 高性能断熱材高性能窓を使用する
  • 施工業者登録業者である

4. 既存住宅における断熱リフォーム支援事業 補助金 併用制度

環境省東京都断熱リフォーム支援事業は、併用することが可能です。

併用することで、最大140万円補助金を受けられる場合があります。

5. 既存住宅における断熱リフォーム支援事業 制度概要

既存住宅における断熱リフォーム支援事業制度概要は以下の通りです。

項目環境省東京都
対象全国東京都内
補助金最大120万円(戸建て)/最大240万円(集合住宅)最大20万円(戸建て)/最大40万円(集合住宅)
申請要件省エネ効果15%以上、高性能断熱材・窓使用、登録業者施工省エネ効果10%以上、高性能断熱材・窓使用、登録業者施工
併用制度

6. 既存住宅における断熱リフォーム支援事業 申請方法

既存住宅における断熱リフォーム支援事業申請方法は、環境省東京都で異なります。

詳細は、それぞれの事業のホームページでご確認ください。

7. まとめ

既存住宅における断熱リフォーム支援事業は、断熱改修の費用を補助金で軽減できるお得な制度です。

省エネ・快適な住まいを実現したい方は、ぜひ活用をご検討ください。

なお、今後変更される可能性があります。

最新の情報は、それぞれの事業のホームページでご確認ください。

Popular posts from this blog

電気バリブラシを使い続けるとどうなる?効果と使い方を徹底解説!

やけどの跡:治し方、消し方、跡を残さない方法など徹底解説

視能訓練士、やめとけ?50代・40代でも大丈夫?一年制の辛さ、知恵袋・2ちゃんねるの声、辞めたい時の対処法、どんな視能訓練士になりたい?仕事内容、辞めた人の体験談(辞めたい、