息子が遷延性意識障害に…母の葛藤と希望のブログ

 


愛する息子が突然の事故で遷延性意識障害に。絶望の淵に立たされた母が綴る、再生への道のり

息子が不慮の事故に遭い、遷延性意識障害と診断された時の絶望感は、今でも鮮明に覚えています。

大好きな息子が、何も反応を示さず、ただそこに横たわっている姿を見るのが、どれほど辛かったことか。

1. 息子との突然の別れ

あの日、息子はいつも通り学校へ向かいました。しかし数時間後、警察から連絡があり、息子が事故に遭ったことを知りました。

病院に駆けつけると、息子は意識不明の状態でベッドに横たわっていました。

医師から説明を受けた内容は、まさに青天の霹靂でした。息子は遷延性意識障害という、重い後遺症を負ってしまったのです。

2. 絶望と葛藤の日々

息子が目を覚ますことはあるのだろうか?

以前のように話したり笑ったりすることはできるのだろうか?

そんな不安と葛藤に押しつぶされそうになりながら、私は毎日を過ごしました。

3. 障害手帳と年金の申請

息子の将来のために、障害手帳と障害年金の申請手続きを進めました。

しかし、複雑な手続き and 書類の山に、何度も心が折れそうになりました。

それでも、息子のためには頑張らなければいけないと、なんとかやり遂げることができました。

4. 母としてできること

息子はリハビリ施設に入所し、専門的な治療を受けることになりました。

私は毎日、施設に通い、息子の様子を見守りました。

息子は少しずつではありますが、確実に回復の兆候を見せていました。

5. 少しずつ歩み出す希望

息子の回復を願って、私はブログを始めました。

同じ境遇にある人たちのブログを読むことで、勇気をもらいました。

そして、自分の経験を分かち合うことで、誰かの支えになりたいと思いました。

6. 遷延性意識障害の現状

遷延性意識障害は、後遺症の程度によって症状や回復の見込みが大きく異なります。

息子は比較的軽度の症状でしたが、それでも完全な回復には至っていません。

それでも、息子は毎日少しずつ成長しています。

7. コミュニケーションの大切さ

息子とのコミュニケーションは、以前とは全く違うものになりました。

しかし、息子は確実に私の言葉や気持ちを理解してくれています。

たとえ言葉で話せなくても、心で繋がっていることを感じられることが、何よりも嬉しいです。

8. 未来への希望

息子の将来がどうなるかは、まだ誰にもわかりません。

しかし、私は希望を捨てずに、息子と一緒に歩んでいきたいと思います。

このブログが、同じ境遇にある方々にとって、少しでも励みになれば幸いです。

※この記事はあくまでも個人の体験に基づいたものであり、医学的なアドバイスではありません。遷延性意識障害について詳しく知りたい方は、専門医にご相談ください。

Popular posts from this blog

やけどの跡:治し方、消し方、跡を残さない方法など徹底解説

電気バリブラシを使い続けるとどうなる?効果と使い方を徹底解説!買ってはいけない

視能訓練士、やめとけ?50代・40代でも大丈夫?一年制の辛さ、知恵袋・2ちゃんねるの声、辞めたい時の対処法、どんな視能訓練士になりたい?仕事内容、辞めた人の体験談(辞めたい、