抜け毛で悩んだら皮膚科へ?原因と治療法を徹底解説

 


抜け毛は、男女問わず多くの人が悩む症状です。髪の毛が細くなった、分け目が広くなった、枕元に大量の抜け毛があるなど、様々な症状が現れます。

「抜け毛が気になるけど、何科に行けばいいかわからない…」

そんなあなたへ、今回は抜け毛と皮膚科の関係について詳しく解説します。

1. 薄毛は皮膚科で診てもらえる?

結論: はい、薄毛は皮膚科で診てもらうことができます。

毛髪は頭皮の一部であり、頭皮は病院の皮膚科の専門分野です。そのため、抜け毛の原因を特定し、適切な治療法を提案することができます。

皮膚科で診てもらうメリット

  • 抜け毛の原因を正しく診断できる
  • 頭皮の健康状態を改善できる
  • 効果的な治療法を受けることができる
  • AGA専門医がいる場合もある

ただし、皮膚科では以下のような治療はできません。

  • 生活習慣の改善指導
  • 育毛剤やサプリメントの販売
  • 植毛手術

これらの治療を受けたい場合は、専門の医療機関を受診する必要があります。

2. 抜け毛 皮膚科 男性

男性の抜け毛は、主に男性ホルモンの影響が原因と考えられています。代表的な症状としては、前頭部や頭頂部の薄毛が挙げられます。

皮膚科では、以下の治療法が有効です。

  • フィナステリド:男性ホルモンの働きを抑制する薬
  • デュタステリド:フィナステリドよりも強力な男性ホルモン抑制薬
  • ミノキシジル:発毛を促進する薬
  • HARG療法:頭皮に成長因子を注入する治療法
  • PRP療法:自身の血液から抽出した成長因子を頭皮に注入する治療法

これらの治療法は、いずれも医師による診察と診断**が必要となります。

3. 抜け毛治療 皮膚科

抜け毛の治療は、原因によって異なります。

皮膚科では、以下の検査を行い、原因を特定します。

  • 問診: 抜け毛の症状、生活習慣、家族歴などを詳しく聞き取ります。
  • 頭皮検査: 頭皮の状態、毛穴の状態、毛髪の状態などを調べます。
  • 血液検査: 栄養状態、ホルモンバランスなどを調べます。
  • 毛髪検査: 毛髪の太さ、長さ、毛周期などを調べます。

検査結果に基づき、適切な治療法を提案します。

4. 抜け毛は皮膚科で保険がききますか?

結論: 症状や治療法によって異なります。

一般的に、以下の場合は保険適用となります。

  • 頭皮の炎症や感染症による抜け毛
  • 円形脱毛症
  • 抜毛症

一方、以下の場合は保険適用されないことが多いです。

  • AGA(男性型脱毛症)
  • 女性型脱毛症
  • ストレス性の抜け毛

詳しくは、受診する医療機関にご確認ください。

5. 抜け毛 皮膚科 薬

皮膚科で処方される抜け毛の薬には、以下のようなものがあります。

  • フィナステリド:男性ホルモンの働きを抑制する薬
  • デュタステリド:フィナステリドよりも強力な男性ホルモン抑制薬
  • ミノキシジル:発毛を促進する薬
  • スピロノラクトン:男性ホルモンの働きを抑制する薬(女性向け)
  • シダフィニル:5α還元酵素を抑制する薬(女性向け)

これらの薬は、医師の指示のもと服用する必要があります。**

6. 抜け毛何科

抜け毛は、皮膚科以外にも内科形成外科で診てもらうことができます。

内科では、内臓疾患による抜け毛の可能性を調べます。形成外科では、植毛手術などの治療を受けることができます。

自分に合った医療機関を選ぶことが大切です。

7. 抜け毛 皮膚科 女性

女性の抜け毛は、男性とは異なる原因が考えられます。代表的な症状としては、頭頂部や分け目周辺の薄毛が挙げられます。

皮膚科では、以下の治療法が有効です。

  • ミノキシジル:発毛を促進する薬
  • スピロノラクトン:男性ホルモンの働きを抑制する薬
  • シダフィニル:5α還元酵素を抑制する薬
  • HARG療法:頭皮に成長因子を注入する治療法
  • PRP療法:自身の血液から抽出した成長因子を頭皮に注入する治療法

これらの治療法は、いずれも医師による診察と診断が必要となります。

8. 髪の毛抜ける皮膚科

髪の毛が抜けるという症状は、抜け毛以外にも様々な原因が考えられます。**

以下のような症状がある場合は、皮膚科を受診することをおすすめします。

  • 頭皮に痛みやかゆみがある
  • 頭皮が赤く腫れている
  • フケやカサカサがある
  • 抜け毛が急に増えた
  • 円形脱毛症になった

これらの症状は、頭皮の病気ストレスなどが原因である可能性があります。**

皮膚科で適切な診断と治療を受けることが大切です。

9. フケ 抜け毛 皮膚科

フケ抜け毛は、密接な関係があります。フケが多いと、頭皮が炎症を起こし、抜け毛の原因となることがあります。

皮膚科では、以下の治療法でフケと抜け毛を同時に改善することができます。

  • 抗真菌薬: フケの原因となる菌を殺菌する薬
  • 抗炎症薬: 頭皮の炎症を抑える薬
  • 保湿剤: 頭皮を保湿する薬

これらの治療法は、医師による診察と診断が必要となります。**

まとめ

抜け毛は、様々な原因によって起こります。原因によって適切な治療法が異なるため、皮膚科を受診して医師に相談することが大切です。

皮膚科では、抜け毛の原因を特定し、効果的な治療法を提案することができます。

早めに治療を受けることで、抜け毛を改善することができます。

抜け毛で悩んでいる方は、ぜひ皮膚科を受診してください。

Popular posts from this blog

電気バリブラシを使い続けるとどうなる?効果と使い方を徹底解説!

やけどの跡:治し方、消し方、跡を残さない方法など徹底解説

視能訓練士、やめとけ?50代・40代でも大丈夫?一年制の辛さ、知恵袋・2ちゃんねるの声、辞めたい時の対処法、どんな視能訓練士になりたい?仕事内容、辞めた人の体験談(辞めたい、