【注意!】青色申告で帳簿をつけてないとどうなる?帳簿の種類や付け方まで徹底解説

 


個人事業主にとって、確定申告は重要な義務です。

青色申告を選択した場合、帳簿必ず付ける必要があります。

しかし、帳簿を付けてないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、青色申告で帳簿をつけていない場合のペナルティと、帳簿の種類付け方について詳しく解説します。

青色申告 帳簿 つけてない

青色申告帳簿を付けていないと、以下のペナルティを受ける可能性があります。

  • 青色申告の取消: 税務署長から青色申告の取消を通知され、翌年からは白色申告になります。
  • 過少申告加算税: 本来納めるべき税額よりも少ない金額で申告した場合、過少申告加算税が課税されます。
  • 無申告加算税: 申告を行わない場合、無申告加算税が課税されます。

青色申告 帳簿 どこで買う

帳簿は、文房具店インターネットで購入することができます。

また、会計ソフトを使うと、帳簿付け簡単にすることができます。

青色申告 帳簿 何が必要

青色申告で必要な帳簿は以下の通りです。

  • 総勘定元帳: 事業全体の収支を記録する帳簿です。
  • 補助簿: 総勘定元帳の内容を詳細に記録する帳簿です。
  • 売上帳: 売上を記録する帳簿です。
  • 仕入帳: 仕入を記録する帳簿です。
  • 経費帳: 経費を記録する帳簿です。

青色申告 誰ができる

青色申告は、個人事業主であれば誰でもすることができます。

法人の場合は、青色申告義務となります。

なぜ青色申告というのか

青色申告は、白色申告よりも多くの経費を控除できるため、節税できる可能性が高いです。

また、決算書を作成することで、事業の状況把握しやすくなります。

青色申告 帳簿をつけていない

青色申告帳簿を付けていない場合は、早めに税理士に相談することをおすすめします。

税理士は、帳簿の付け方確定申告の手続きなどをサポートしてくれます。

青色申告のため備付ける帳簿名

青色申告備え付ける帳簿には、以下の種類があります。

  • 総勘定元帳: 事業全体の収支を記録する帳簿です。
  • 補助簿: 総勘定元帳の内容を詳細に記録する帳簿です。
  • 売上帳: 売上を記録する帳簿です。
  • 仕入帳: 仕入を記録する帳簿です。
  • 経費帳: 経費を記録する帳簿です。

青色申告 帳簿ない

青色申告帳簿がない場合は、追徴課税される可能性があります。

追徴課税は、本来納めるべき税額に加えて、加算税が課税される厳しいペナルティです。

まとめ

青色申告帳簿必ず付ける必要があります。

帳簿を付けていないと、ペナルティを受ける可能性があります。

帳簿の付け方がわからない場合は、税理士に相談することをおすすめします。

このブログ記事が、青色申告をする個人事業主の皆様のお役に立てれば幸いです。

帳簿に関する疑問や悩みは、税理士などの専門家に相談することをおすすめします。

Popular posts from this blog

やけどの跡:治し方、消し方、跡を残さない方法など徹底解説

電気バリブラシを使い続けるとどうなる?効果と使い方を徹底解説!買ってはいけない

視能訓練士、やめとけ?50代・40代でも大丈夫?一年制の辛さ、知恵袋・2ちゃんねるの声、辞めたい時の対処法、どんな視能訓練士になりたい?仕事内容、辞めた人の体験談(辞めたい、