矯正で頬がこけた!?原因と改善方法を徹底解説!

 


矯正治療を始めたのに、なんだか頬がこけたような気がする…

そう感じているあなた、決して一人ではありません。矯正治療中に頬がこけてしまうことは、意外とよくあるんです。

この記事では、矯正で頬がこけてしまう原因と、具体的な改善方法について詳しく解説します。

1. 矯正で頬がこける原因

矯正治療中に頬がこけてしまう原因は、主に以下の3つが考えられます。

  • 抜歯による頬のボリューム減少
  • 咀嚼機能の低下
  • 表情筋の衰え

1-1. 抜歯による頬のボリューム減少

歯列矯正によっては、歯並びを改善するために抜歯が必要になる場合があります。抜歯を行うと、頬を支えていた歯がなくなるため、頬のボリュームが減少してこけてしまうことがあります。

1-2. 咀嚼機能の低下

矯正装置を装着していると、食事をしっかりと噛み砕くことが難しくなります。その結果、咀嚼筋や表情筋が十分に使われず、頬がこけてしまう可能性があります。

1-3. 表情筋の衰え

矯正装置によって口の動きが制限されると、表情筋もあまり使われなくなります。表情筋が衰えると、頬のたるみやシワの原因にもなり、頬がこけて見えてしまうことがあります。

2. 矯正で頬がこけた時の改善方法

矯正で頬がこけてしまった場合は、以下の方法で改善することができます。

  • マッサージ
  • 表情筋トレーニング
  • ガム
  • ヒアルロン酸注射

2-1. マッサージ

頬を優しくマッサージすることで、血行を促進し、筋肉の緊張をほぐすことができます。

2-2. 表情筋トレーニング

口周りの筋肉を鍛えることで、頬のたるみやシワを改善することができます。

2-3. ガム

ガムを噛むことで、咀嚼筋や表情筋を鍛えることができます。ただし、矯正装置によってはガムを噛むことができない場合もあるので、事前に歯科医に確認が必要です。

2-4. ヒアルロン酸注射

頬にヒアルロン酸を注射することで、ボリュームを補い、頬のこけを改善することができます。ただし、効果は一時的なものであり、定期的に注射を受ける必要があります。

3. 矯正で頬がこけるのを予防する方法

矯正で頬がこけるのを予防するには、以下の点に注意しましょう。

  • 抜歯が必要かどうか、事前に歯科医に相談する
  • 矯正装置の種類によっては、頬のこけが起きにくいものもある
  • 食事はゆっくりとよく噛んで食べる
  • 表情筋トレーニングを積極的に行う

4. まとめ

矯正で頬がこけてしまったとしても、適切な対策をすれば改善することができます。自分に合った改善方法を見つけて、美しい笑顔を目指しましょう。

※この記事はあくまでも参考情報であり、医学的なアドバイスではありません。矯正治療中に頬がこけた場合は、必ず歯科医に相談してください。

Popular posts from this blog

やけどの跡:治し方、消し方、跡を残さない方法など徹底解説

電気バリブラシを使い続けるとどうなる?効果と使い方を徹底解説!買ってはいけない

視能訓練士、やめとけ?50代・40代でも大丈夫?一年制の辛さ、知恵袋・2ちゃんねるの声、辞めたい時の対処法、どんな視能訓練士になりたい?仕事内容、辞めた人の体験談(辞めたい、