車両保険に入ってない場合、ぶつけられた、事故で車が破損したらどうなる?補償範囲や加入のメリット・デメリットを徹底解説!

 


車を運転する上で、事故のリスクは避けられません。もし、自分が相手に追突したり、相手から追突されたりした場合、車両保険に加入していないと、車の修理費用は全額自己負担となってしまいます。

今回は、車両保険に加入していない場合の補償内容、加入のメリット・デメリット、事故発生時の対応などを詳しく解説していきます。

任意保険 入ってない ぶつけられた

任意保険(自賠責保険以外に加入する自動車保険)に加入していない車に追突された場合、自賠責保険の範囲内でしか相手への賠償金が支払われません。

自賠責保険の限度額は、死亡事故で3,000万円、重傷事故で120万円、軽傷事故で10万円です。

限度額を超えた損害は、加害者本人が負担することになります。

車両保険入って ないと どうなる

車両保険に加入していない場合、以下の損害は補償されません。

  • 自分の車が相手車に衝突した場合の修理費用
  • 自分の車が単独事故を起こした場合の修理費用
  • 自分の車が盗難にあった場合の車両代金
  • 自分の車が放火された場合の車両代金
  • 自分の車が風災や洪水などの自然災害で破損した場合の修理費用

これらの損害は、全額自己負担となります。

車両保険 入って ない事故

車両保険に加入していない状態で事故を起こした場合、以下の対応が必要となります。

  1. 警察へ通報する: 事故直後は、必ず警察へ通報し、事故状況を記録してもらいましょう。
  2. 相手方の保険会社へ連絡する: 相手方が任意保険に加入している場合は、相手方の保険会社へ連絡し、事故の状況を伝えましょう。
  3. 修理業者へ連絡する: 車両の修理が必要な場合は、修理業者へ連絡し、見積もりを取ります。
  4. 修理費用を支払う: 修理費用は全額自己負担となるため、自分で支払う必要があります。

車ぶつけられた 保険入ってない

相手に追突された場合、相手方が任意保険に加入していれば、相手方の保険会社から修理費用が支払われます。

しかし、相手方が任意保険に加入していない場合は、車両保険に加入していないと、修理費用は全額自己負担となります。

車両保険 ぶつけられた場合

車両保険に加入していれば、相手に追突された場合でも、自分の車の修理費用は保険金で支払われます。

ただし、以下の点に注意が必要です。

  • 保険金支払いの上限がある: 車両保険の保険金支払いの上限は、契約時に設定した車両の時価となります。
  • 免責額がある: 車両保険には、免責額と呼ばれる自己負担額が設定されています。事故の際に支払う修理費用から免責額が差し引かれ、残りの金額が保険金として支払われます。

車両保険 誰が乗っても

車両保険は、加入者が運転している場合だけでなく、家族や友人が運転している場合でも補償されます。

ただし、家族や友人が運転する場合は、事前に保険会社へ連絡し、運転者変更の手続きを行う必要があります。

車両保険入ってない 事故

車両保険に加入していない状態で事故を起こしてしまった場合、以下の損害は補償されません。

  • 自分の車の修理費用
  • 相手への賠償金: 自賠責保険の限度額を超えた部分
  • 人身事故の被害者への損害賠償金: 自賠責保険の限度額を超えた部分

これらの損害は、全額自己負担となります。

まとめ

車両保険は、事故による車の修理費用や盗難時の車両代金を補償してくれる保険です。

任意保険に加入している場合でも、車両保険に加入しておくと、万が一の事故に備えることができます。

車両保険に加入するかどうかは、自分の車の状況や経済状況などを考慮して判断することが大切です。

加入を検討している方は、複数の保険会社のプランを比較検討し、自分に合った保険を選ぶことをおすすめします。

Popular posts from this blog

やけどの跡:治し方、消し方、跡を残さない方法など徹底解説

電気バリブラシを使い続けるとどうなる?効果と使い方を徹底解説!買ってはいけない

視能訓練士、やめとけ?50代・40代でも大丈夫?一年制の辛さ、知恵袋・2ちゃんねるの声、辞めたい時の対処法、どんな視能訓練士になりたい?仕事内容、辞めた人の体験談(辞めたい、