バイクの押しがけ:やり方、コツ、かからない時の対処法を徹底解説!

 


バッテリーが上がってしまった時、エンジンを始動する方法の一つとして**「押しがけ」**があります。しかし、やり方を間違えると、ケガをしてしまう可能性もあります。

今回は、バイクの押しがけの正しいやり方、コツ、かからない時の対処法などについて詳しくご紹介します。

押しがけのやり方

  1. ギアを2速に入れる

エンジンを始動する前に、ギアを2速に入れましょう。1速だとギアが重すぎて、押しがけが難しくなります。

  1. クラッチを握る

クラッチを握ることで、後輪が空転し、エンジンがかかりやすくなります。

  1. バイクをまっすぐ押す

2人以上でバイクをまっすぐ押し、ある程度の速度が出たら、クラッチを繋ぎます。

  1. アクセルを吹かす

クラッチを繋ぎながら、同時にアクセルを吹かします。タイミングが合えば、エンジンがかかります。

押しがけのコツ

  • 坂道で押しがけする

平坦な道よりも、坂道の方が勢いがつきやすく、押しがけが成功しやすいです。

  • 複数人で押しがけする

1人よりも複数人で押しがけすることで、より多くの力を伝えることができます。

  • タイミングを合わせる

クラッチを繋ぐタイミングが重要です。早すぎるとエンジンがかからず、遅すぎるとクラッチが焼けてしまう可能性があります。

押しがけがかからない時の対処法

  • バッテリーを繋ぐ

もし、近くにいる車があれば、ブースターケーブルを使ってバッテリーを繋ぎましょう。

  • セルモーターを回してみる

バッテリーが上がっていない場合は、セルモーターを回してみてください。セルモーターが回れば、エンジンがかかる可能性があります。

  • プラグをチェックする

プラグが汚れていたり、摩耗していたりしていると、エンジンがかかりにくくなります。

  • 燃料をチェックする

燃料が不足していると、当然ながらエンジンはかかりません。

押しがけの理屈:なぜ押しがけでエンジンがかかるのか?

押しがけでエンジンがかかるのは、ピストン運動を利用しているからです。

バイクを押し、後輪を回転させることで、クランクシャフトが回転し、ピストンが上下運動します。このピストン運動によって、混合気が圧縮され、火花が飛ばされることで、エンジンがかかります。

原付の押しがけのやり方

原付の押しがけのやり方は、オートバイと基本的に同じです。

ただし、原付はオートバイよりも車体が軽いため、1人でも押しがけできる可能性があります。

まとめ

バイクの押しがけは、バッテリーが上がってしまった時の便利な方法です。しかし、やり方を間違えると、ケガをしてしまう可能性もあります。

今回紹介したやり方とコツを参考に、安全に押しがけを行ってください。

Popular posts from this blog

やけどの跡:治し方、消し方、跡を残さない方法など徹底解説

電気バリブラシを使い続けるとどうなる?効果と使い方を徹底解説!買ってはいけない

視能訓練士、やめとけ?50代・40代でも大丈夫?一年制の辛さ、知恵袋・2ちゃんねるの声、辞めたい時の対処法、どんな視能訓練士になりたい?仕事内容、辞めた人の体験談(辞めたい、