ほうけい手術後の抜糸:痛みや注意点、自宅でのケア方法を徹底解説

 


ほうけい手術は、近年多くの男性が受ける手術の一つです。手術後の経過は人それぞれですが、一般的には抜糸まで1週間程度かかります。

本記事では、包茎手術後の抜糸について、

  • なぜ痛いのか
  • 抜糸後の注意点
  • 自宅でのケア方法

などを詳しく解説します。

包茎手術を受けた方は、ぜひ参考にしてください!

1. 抜糸 なぜ痛い

抜糸が痛い理由は、以下の3つが考えられます。

  • 傷口が治癒過程にある
  • 糸を抜く際に皮膚や組織を引っ張る
  • 麻酔の効果が切れている

抜糸直後は、傷口がまだ完全に治癒していないため、刺激に敏感になっています。また、糸を抜く際に皮膚や組織を引っ張るため、痛みを感じることがあります。さらに、麻酔の効果が切れているため、痛みを感じやすくなります。

2. ほうけい手術 抜糸後

包茎手術後の抜糸は、医師によって行われます。

抜糸の流れは以下の通りです。

  1. 患部を消毒する
  2. ピンセットで糸を挟む
  3. 糸をゆっくりと引っ張る
  4. 傷口を消毒する
  5. ガーゼなどで患部を覆う

抜糸時間は、5~10分程度です。

抜糸後の注意点

  • 患部を清潔に保つ
  • 激しい運動や入浴は避ける
  • 2週間程度は、性行為を控える
  • 違和感や痛みがある場合は、医師に相談する

3. 抜糸 どのくらい痛い

抜糸の痛みは、個人差が大きいです。

**一般的には、チクッとした痛みや、軽い痛みを感じる程度です。

**ただし、**傷口の状態や、糸の太さなどによって、痛みを感じる度合いは異なります

痛みを抑えたい場合は、抜糸前に痛み止めを服用しておくと良いでしょう。

4. ほうけい手術 抜糸

包茎手術後の抜糸は、医師によって行われます。

抜糸の流れは以下の通りです。

  1. 患部を消毒する
  2. ピンセットで糸を挟む
  3. 糸をゆっくりと引っ張る
  4. 傷口を消毒する
  5. ガーゼなどで患部を覆う

抜糸時間は、5~10分程度です。

抜糸後の注意点

  • 患部を清潔に保つ
  • 激しい運動や入浴は避ける
  • 2週間程度は、性行為を控える
  • 違和感や痛みがある場合は、医師に相談する

まとめ

包茎手術後の抜糸は、痛みを伴う場合がありますが、短時間で終わるものです。

痛みを抑えたい場合は、抜糸前に痛み止めを服用しておくと良いでしょう。

抜糸後は、医師の指示に従って傷口のケアを行うことが大切です。

違和感や痛みがある場合は、無理せず医師に相談しましょう。

Popular posts from this blog

やけどの跡:治し方、消し方、跡を残さない方法など徹底解説

電気バリブラシを使い続けるとどうなる?効果と使い方を徹底解説!買ってはいけない

視能訓練士、やめとけ?50代・40代でも大丈夫?一年制の辛さ、知恵袋・2ちゃんねるの声、辞めたい時の対処法、どんな視能訓練士になりたい?仕事内容、辞めた人の体験談(辞めたい、