溶ける糸リフト:効果・持続期間・リスクを徹底解説!ダウンタイムやハイフとの違いも網羅!

 


近年の美容医療において、メスを使わずにたるみやシワを改善できる「糸リフト」が注目を集めています。中でも、糸が自然に体内に吸収される「溶ける糸リフト」は、手軽さと効果の高さから人気が高まっています。

しかし、溶ける糸リフトにはメリットだけでなくデメリットもあり、施術前にしっかりと理解しておくことが重要です。

そこで今回は、溶ける糸リフトの効果、持続期間、リスク、ダウンタイム、効果の違いなどを詳しく解説していきます。

溶ける糸リフト 持続期間

溶ける糸リフトの効果は、糸の種類や挿入方法によって異なりますが、一般的には約1年~1年半程度と言われています。

糸が体内に吸収されても、コラーゲン生成が促進されるため、リフトアップ効果は完全に消失するわけではありません。

ただし、効果を維持するためには、定期的な施術を受けることが必要です。

溶ける糸リフト 感染

溶ける糸リフトは、メスを使わない施術であるため、切開に伴う感染リスクは低くなります。

しかし、針を使う施術であるため、滅菌や衛生管理が徹底されていない医療機関で施術を受けると、感染症のリスクがゼロではないことに注意が必要です。

施術前に、医療機関の衛生管理体制について確認することをおすすめします。

溶ける糸リフト デメリット

溶ける糸リフトの主なデメリットは以下の通りです。

  • 持続期間が短い: 溶けない糸リフトに比べて、効果の持続期間が短い。
  • ダウンタイムがある: 施術後に腫れや内出血などのダウンタイムがある。
  • 効果を実感できない場合がある: 個人差があり、必ずしも希望通りの効果が得られるとは限らない。
  • 施術費用が高い: 他の美容医療に比べて、施術費用が高い。

溶ける糸リフト ダウンタイム

溶ける糸リフトのダウンタイムは、施術内容や個人差によって異なりますが、一般的には数日~1週間程度です。

腫れや内出血などの症状は、徐々に引いていきます。

ダウンタイム中は、メイクや飲酒などを控え、安静に過ごすことが大切です。

溶ける糸リフト 効果

溶ける糸リフトは、以下の効果が期待できます。

  • たるみ・シワの改善: 顔のたるみやシワをリフトアップし、ハリのある肌に導く。
  • ほうれい線・ゴルゴラインの改善: ほうれい線やゴルゴラインなどの深いシワを目立たなくする。
  • 小顔効果: 顔全体の輪郭を引き締め、小顔効果を得られる。
  • 肌質改善: コラーゲン生成を促進し、肌質を改善する。

溶ける糸リフト 溶けない

溶ける糸リフトと溶けない糸リフトは、それぞれ異なる特徴を持っています。

項目溶ける糸リフト溶けない糸リフト
持続期間約1年~1年半約2年~3年
ダウンタイム数日~1週間1~2週間
効果たるみ・シワ改善、小顔効果たるみ・シワ改善、リフトアップ効果
費用比較的安価比較的高価

溶ける糸リフト ハイフ

溶ける糸リフトとハイフは、どちらもたるみやシワを改善する美容医療ですが、それぞれ異なる作用機序を持っています。

  • 溶ける糸リフト: 糸を挿入することで、皮膚や筋肉を直接引き上げる。
  • ハイフ: 超音波でSMAS筋膜や真皮層に熱を与え、コラーゲンの生成を促進する。

溶ける糸リフトは、即効性のあるリフトアップ効果が期待できますが、持続期間は短くなります。

一方、ハイフは持続期間が長く、自然なリフトアップ効果が期待できますが、効果が出るまでに時間がかかる場合があります。

どちらの施術が適しているかは、個人のたるみやシワの状態や希望する効果によって異なります。

まとめ

溶ける糸リフトは、手軽にたるみやシワを改善できる美容医療ですが、効果や持続期間には個人差があります。

施術前に、医療機関でしっかりとカウンセリングを受け、自分に合った施術方法を選ぶことが大切です。

また、溶ける糸リフト以外にも、ハイフなどの美容医療も選択肢の一つとして検討してみましょう。

Popular posts from this blog

やけどの跡:治し方、消し方、跡を残さない方法など徹底解説

電気バリブラシを使い続けるとどうなる?効果と使い方を徹底解説!買ってはいけない

視能訓練士、やめとけ?50代・40代でも大丈夫?一年制の辛さ、知恵袋・2ちゃんねるの声、辞めたい時の対処法、どんな視能訓練士になりたい?仕事内容、辞めた人の体験談(辞めたい、