自己破産したいけどお金がない:費用や手続きの流れを解説

 


借金に苦しみ、自己破産を検討しているけど、費用がなくて諦めている方も多いのではないでしょうか。自己破産は確かに費用がかかりますが、費用を抑える方法や、費用を工面する方法もあります。

本記事では、自己破産にかかる費用や手続きの流れ、そしてお金がない場合の対処法について解説します。

自己破産にかかる費用

自己破産にかかる費用は、主に以下の項目に分けられます。

  1. 裁判所に納める予納金: 申立て手数料や官報公告費など
  2. 弁護士や司法書士に支払う費用: 報酬や実費など

費用の総額は、借金額や手続き内容によって異なりますが、一般的には弁護士に依頼すると25万円~50万円程度、司法書士に依頼すると20万円~40万円程度かかります。

お金がない場合の対処法

自己破産費用を工面できない場合は、以下の方法が考えられます。

法テラスの制度を利用する

法テラスは、一定の収入条件を満たす方に対して、自己破産などの法律手続きにかかる費用を立て替えてくれる制度です。自己破産手続きにかかる費用の立て替えだけでなく、弁護士や司法書士の紹介もしてくれます。

無料相談を利用する

多くの弁護士事務所や司法書士事務所では、自己破産に関する無料相談を実施しています。まずは無料相談で相談し、自分の状況に合った解決策を検討しましょう。

自己破産の手続きの流れ

自己破産の手続きは、大きく分けて以下のステップがあります。

  1. 弁護士や司法書士への相談
  2. 必要書類の準備
  3. 裁判所への申立て
  4. 免責審尋
  5. 免責決定の送達と配当手続き

手続きには数ヶ月かかる場合もありますので、早めに準備を進めることが重要です。

自己破産後の注意点

自己破産をすると、以下のような制限が生じます。

  • クレジットカードやローンが組めなくなる: 一定期間は、新たな借金をすることが困難になります。
  • 転職に支障が出る: 履歴書に自己破産歴を記載する必要があります。

ただし、免責決定を受ければ、借金は帳消しになり、新たな生活を始めることができます。

自己破産は最後の手段

自己破産は、借金問題を解決する最後の手段です。自己破産を検討する前に、債務整理などの他の方法を検討することも大切です。

自己破産について少しでも不安がある場合は、弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

Popular posts from this blog

やけどの跡:治し方、消し方、跡を残さない方法など徹底解説

電気バリブラシを使い続けるとどうなる?効果と使い方を徹底解説!買ってはいけない

視能訓練士、やめとけ?50代・40代でも大丈夫?一年制の辛さ、知恵袋・2ちゃんねるの声、辞めたい時の対処法、どんな視能訓練士になりたい?仕事内容、辞めた人の体験談(辞めたい、