【徹底解説】医療保険:重複受給・受取人の変更・受け取り・重複加入の注意点

 


医療保険は、病気や怪我で医療機関を受診した際に、治療費の一部を公費で負担してくれる制度です。

しかし、医療保険には、重複受給受取人の変更重複加入など、様々な注意点があります。

この記事では、医療保険に関する主な注意点について、詳しく解説します。

医療保険 2重加入

医療保険は、一般的には 1人につき1つしか加入できません。しかし、以下のような 例外があります。

  • 国民健康保険職場の健康保険同時に加入している場合
  • 国民健康保険任意継続被保険者同時に加入している場合
  • 国民健康保険船舶保険同時に加入している場合

これらの場合は、重複加入みなされ 問題ありません

ただし加入している 医療保険によって、給付内容負担割合異なるため、どちらの 医療保険を利用するか** 注意する必要があります。

生命保険 重複 受け取り

生命保険は、被保険者が亡くなった際に、受益者に保険金支払われる制度です。

生命保険は、複数の契約加入することが可能です。

ただし同じ事故死亡した場合、すべての契約から保険金支払われるわけではありません。

一般的には最初に加入した契約からのみ 保険金支払われます

複数の生命保険加入している場合は、契約内容確認し、必要に応じて 見直しを行うことをおすすめします。

医療保険 受取人 変更

医療保険受取人は、加入者自由に 変更することができます。

受取人を変更したい場合は、健康保険証裏面に記載されている変更届提出する必要があります。

変更届は、加入している 医療保険窓口入手することができます。

受取人を変更する場合は、以下の点注意しましょう。

  • 受取人は、加入者家族または親族であること
  • 受取人は、成年であること
  • 受取人は、本人の意思受取人になることを承諾していること

医療保険 介護保険 重複

医療保険介護保険は、それぞれ異なる制度です。

医療保険は、病気や怪我で医療機関を受診した際に、治療費の一部公費負担してくれる制度です。

介護保険は、要介護者日常生活を送るために必要な 介護サービス費用一部 公費負担してくれる制度です。

医療保険介護保険は、重複して 利用することができます。

ただし同じ サービスに対しては、どちらか一方の制度しか利用できません。

具体的には通院介護訪問介護などの介護サービスは、医療保険介護保険どちらか一方利用する必要があります。

保険 重複 受け取り

保険は、一般的には 1つの事故1回しか保険金支払われません

ただし以下のような 例外があります。

  • 異なる保険加入している場合
  • 同じ保険複数の特約付帯している場合

これらの場合は、条件によっては、複数の保険から保険金支払われることがあります。

保険金重複して 受け取ることができるかどうかは、契約内容によって異なるため、加入している 保険会社確認する必要があります。

医療保険 受取人 誰

医療保険受取人とは、医療機関から医療費支払いを受けるのことです。

受取人は、加入者自由に 変更することができます。

受取人は、以下のようななることができます。

  • 加入者本人
  • 加入者の家族
  • 加入者の親族

受取人は、成年である必要はありません。

未成年者の場合は、保護者受取人になることができます。

受取人を変更したい場合は、健康保険証裏面に記載されている変更届提出する必要があります。

変更届は、加入している 医療保険窓口入手することができます。

受取人を変更する場合は、以下の点注意しましょう。

  • 受取人は、加入者家族または親族であること
  • 受取人は、成年であること
  • 受取人は、本人の意思受取人になることを承諾していること

医療保険 重複加入

医療保険は、一般的には 1人につき1つしか加入できません。しかし、以下のような 例外があります。

  • 国民健康保険職場の健康保険同時に加入している場合
  • 国民健康保険任意継続被保険者同時に加入している場合
  • 国民健康保険船舶保険同時に加入している場合

これらの場合は、重複加入みなされ 問題ありません

ただし加入している 医療保険によって、給付内容負担割合異なるため、どちらの 医療保険を利用するか** 注意する必要があります。

医療保険 重複確認

医療保険重複加入していないかどうかは、加入している 医療保険窓口確認することができます。

また以下サイトオンライン確認することもできます。

医療保険 受取人 いない

医療保険受取人いない場合は、医療機関から医療費支払いを受けることができません。

この場合は、加入者受取人になる必要があります。

受取人になることが難しい場合は、医療機関相談しましょう。

医療機関では、以下のようなサポートを受けることができます。

  • 医療費の支払い方法相談
  • 受取人の選定相談
  • 公的機関への紹介

重複受診 保険適用 先進医療 重複加入

医療保険重複加入している場合は、先進医療保険適用を受ける際に、注意する必要があります。

先進医療は、保険適用認められない 治療です。

ただし一定の条件満たすと、一部 保険適用を受けることができます。

先進医療保険適用を受けるには、事前に 医療機関相談する必要があります。

医療機関では、先進医療保険適用を受けるための手続きについて説明してくれます。

Popular posts from this blog

やけどの跡:治し方、消し方、跡を残さない方法など徹底解説

電気バリブラシを使い続けるとどうなる?効果と使い方を徹底解説!買ってはいけない

視能訓練士、やめとけ?50代・40代でも大丈夫?一年制の辛さ、知恵袋・2ちゃんねるの声、辞めたい時の対処法、どんな視能訓練士になりたい?仕事内容、辞めた人の体験談(辞めたい、