免許証だけでお金借りる?本当に可能?借りられる場所と注意点

 


お金を借りる際は、本人確認として運転免許証が必要となるケースが一般的です。しかし、実は免許証だけでお金を借りられる場合もあるのです。

今回は、免許証だけでお金を借りられる場所注意点について詳しく解説します。

見出し1:免許証だけでお金借りる

免許証だけでお金を借りられる場所は、主に以下の2種類です。

  • レンタカー
  • カードローン

レンタカーを借りる場合は、免許証提示料金の支払いだけで借りることができます。本人確認書類として免許証以外提示する必要**はありません。

カードローンを借りる場合は、免許証提示収入証明提出が必要となります。収入証明としては、給与明細源泉徴収票などが利用可能です。

ただし一部のカードローンでは、免許証のみ借り入れできる場合があります。詳細は、各カードローンの公式サイトなどで確認**してください。

見出し2:免許証だけで借りれるレンタカー

免許証だけで借りられるレンタカーは、多くのレンタカー会社提供されています。借り入れ手続きは、各レンタカー会社によって異なりますが、基本的には以下の手順となります。

  1. レンタカー会社店舗来店する
  2. 免許証提示する
  3. 料金支払いする
  4. 車を受け取る

免許証有効期限切れていたり、住所変更されていたりする場合には、借りることができない場合がありますので、事前に確認**しておきましょう。

見出し3:免許証だけで借りれるカードローン

免許証だけで借りられるカードローンは、一部のカードローン会社提供されています。借り入れ手続きは、各カードローン会社によって異なりますが、基本的には以下の手順となります。

  1. カードローン会社公式サイトなどで申し込みする
  2. 免許証コピー郵送またはアップロードする
  3. 審査通過する
  4. キャッシュカード送付される
  5. ATM借り入れする

免許証コピー以外にも、収入証明本人確認書類コピー必要となる場合があります。詳細は、各カードローン会社公式サイトなどで確認してください。

見出し4:免許証だけで借りられる

免許証だけでお金を借りられるのは、本人確認ためです。免許証には、氏名住所顔写真などが記載されているため、本人であること確認することができます。

ただし免許証だけでお金を借りられるからといって、安易に借りることは避けるべきです。お金を借りるということは、返済責任を負うことになります。返済できずに滞納してしまうと、信用情報がつき、今後借金ローン借り入れ難しくなる可能性もあります。

お金を借りる場合は、必ず自分の返済能力考慮した上で、計画的に借りるようにしましょう。

見出し5:借入 免許証なし

免許証なしお金を借りることは、基本的にはできません。本人確認ために、免許証などの本人確認書類提示必要となります。

ただし以下のような場合には、免許証なしでお金を借りられる可能性**があります。

  • 親族や友人からお金を借りる: 親族や友人からお金を借りる場合は、免許証などの本人確認書類の提示は必要ない場合があります。ただし、必ず返済の約束を守り、借金がトラブルにならないように注意しましょう。
  • 学生ローンを借りる: 学生ローンは、学生であれば、アルバイト収入などがなくても借りられる場合があります。ただし、金利が高く設定されていることが多いので、注意が必要です。
  • 保証人がいる場合: 保証人がいる場合は、免許証などの本人確認書類の提示がなくても、お金を借りられる場合があります。ただし、保証人が返済できない場合、借金が保証人に肩代わりされることになります。

免許証なしお金を借りる場合は、以下の点注意しましょう。

  • 金利: 金利は、借り入れ金額に影響を与える重要な要素です。金利が高いローンを借りると、返済金額が大きく膨らんでしまう可能性があります。
  • 返済条件: 返済期間や返済方法などをしっかりと確認し、無理のない返済計画を立てましょう。
  • 悪徳業者: 違法な金利で貸し付けを行う悪徳業者も存在します。借りる前に、業者の評判などをしっかりと調べましょう。

お金を借りることは、大きな責任を伴います。免許証なしお金を借りる場合は、特に慎重に検討する必要があります。

見出し6:借入 免許証のみ

免許証のみお金を借りられる場所は、主に以下の2種類です。

  • レンタカー: レンタカーを借りる場合は、免許証の提示と料金の支払いだけで借りることができます。本人確認書類として免許証以外を提示する必要はありません。
  • カードローン: カードローンを借りる場合は、免許証の提示と収入証明の提出が必要となります。収入証明としては、給与明細や源泉徴収票などが利用可能です。

ただし一部のカードローンでは、免許証のみ借り入れできる場合があります。詳細は、各カードローンの公式サイトなどで確認してください。

免許証のみお金を借りる場合も、以下の点注意しましょう。

  • 金利: 金利は、借り入れ金額に影響を与える重要な要素です。金利が高いローンを借りると、返済金額が大きく膨らんでしまう可能性があります。
  • 返済条件: 返済期間や返済方法などをしっかりと確認し、無理のない返済計画を立てましょう。
  • 借金癖: 借金癖がついてしまうと、生活が苦しくなる可能性があります。計画的に借り、計画的に返済するようにしましょう。

お金を借りることは、大きな責任を伴います。免許証のみお金を借りる場合も、慎重に検討する必要があります。

Popular posts from this blog

やけどの跡:治し方、消し方、跡を残さない方法など徹底解説

電気バリブラシを使い続けるとどうなる?効果と使い方を徹底解説!買ってはいけない

視能訓練士、やめとけ?50代・40代でも大丈夫?一年制の辛さ、知恵袋・2ちゃんねるの声、辞めたい時の対処法、どんな視能訓練士になりたい?仕事内容、辞めた人の体験談(辞めたい、