浄土真宗:知っておきたい「してはいけないこと」と各行事の意味

 


浄土真宗は、阿弥陀仏の救済を信じ、感謝の念を持って生きることを大切にする仏教宗派です。しかし、他の宗派と異なる考え方や習慣があるため、誤解が生じやすいことも事実です。

この記事では、浄土真宗における「してはいけないこと」と、代表的な行事の意味について詳しく解説します。浄土真宗を正しく理解し、より深く信仰生活を送るための参考にしていただければ幸いです。

1. 浄土真宗で「してはいけないこと」とは?

浄土真宗には、他の仏教宗派とは異なる独特な考え方や習慣があります。以下、代表的な「してはいけないこと」を9つご紹介します。

1-1. 線香を立ててはいけない

浄土真宗では、線香の香りを仏に供養するものとは考えていません。そのため、線香を立てて供養することはしません。

1-2. 般若心経を唱えてはいけない

般若心経は、自力によって悟りを目指す教えであるため、他力本願を旨とする浄土真宗では唱えません。

1-3. 神を信仰してはいけない

浄土真宗では、阿弥陀仏以外の神仏を信仰することはしません。神頼みをすることは、阿弥陀仏への信心を妨げるものと考えられています。

1-4. 喪中のはがきを出してはいけない

浄土真宗には喪中の概念がないため、喪中のはがきを出す必要はありません。

1-5. 日の善悪を選んではいけない

大安や仏滅などの日の吉凶を気にすることはしません。仏教では、このようなことで運命が決まるのではなく、自分の行い次第で結果として幸福や不幸が決まると考えられています。

1-6. 追善供養をしてはいけない

死者の霊を供養するために行う追善供養は、浄土真宗では行いません。なぜなら、浄土真宗ではすでに阿弥陀仏によって救済されていると考えられているからです。

1-7. 仏壇に他宗の仏像や故人の写真を入れてはいけない

仏壇は阿弥陀仏を安置する場所であるため、他宗の仏像や故人の写真は入れてはいけません。

1-8. 戒名をつける必要はない

戒名は、もともと仏教徒としての戒律を守るための名前です。浄土真宗では戒律を守る必要がないため、戒名をつける必要はありません。

1-9. 六曜を気にしてはいけない

六曜は、仏教とは関係のない占いの一つです。そのため、浄土真宗では六曜を気にする必要はありません。

2. 浄土真宗の代表的な行事

浄土真宗には、他の仏教宗派と異なる特徴的な行事があります。以下、代表的な3つの行事についてご紹介します。

2-1. 浄土真宗 50回忌

浄土真宗では、命日だけでなく、50回忌も重要な法要とされています。これは、親鸞聖人が亡くなって50年後に、念仏を広めた弟子・善導大師が亡くなったことに由来します。

2-2. 浄土真宗 四十九日しない 49日しない

浄土真宗では、四十九日の法要は行いません。なぜなら、死者はすでに阿弥陀仏によって救済されていると考えられているからです。

2-3. 浄土真宗 七日ごとの法要

浄土真宗では、命日から七日ごとに法要を行う「七七忌(ななななき)」を行います。これは、阿弥陀仏が亡くなった人の魂を七回導くという信仰に基づいています。

まとめ

浄土真宗は、阿弥陀仏の救済を信じ、感謝の念を持って生きることを大切にする仏教宗派です。他の宗派とは異なる考え方や習慣があるため、誤解が生じやすいこともありますが、正しく理解することで、より深い信仰生活を送ることができます。

この記事が、浄土真宗について理解を深め、信仰生活を充実させるための参考になれば幸いです。

Popular posts from this blog

やけどの跡:治し方、消し方、跡を残さない方法など徹底解説

電気バリブラシを使い続けるとどうなる?効果と使い方を徹底解説!買ってはいけない

視能訓練士、やめとけ?50代・40代でも大丈夫?一年制の辛さ、知恵袋・2ちゃんねるの声、辞めたい時の対処法、どんな視能訓練士になりたい?仕事内容、辞めた人の体験談(辞めたい、